FULFILL OFFICIAL HOME PAGE
トップページへ 保険の考え方 保険の仕組み チェックポイント 無料相談 会社概要 お問い合わせ
3つの基本形
主契約と特約
自動更新とは
定期保険の
組み合わせ
 
3つの基本形
・生命保険は大きくわけて「定期保険」「養老保険」「終身保険」がベースとなっています。
たくさんの様々な保険商品はそれらの組み合わせによって成り立っているのです。ご自身の目的やニーズによって選択することが重要です。
1.【定期保険】 タイプ:掛け捨て
                保険料が割安で死亡保障だけを追及した保険です。
定期保険とは、基本的には掛捨てで満期保険金のない保険です。
解約返戻金も全くないかほとんどありません。保険料が割安で保障が大きい保険であり、保険期間中に被保険者が死亡した場合に保険金が支払われます。また、このタイプは定期預金のように収益性はありません。
 ただし、定期保険でも、長期平準定期保険や逓増定期保険のように、保険期間の中途で解約すると期間に応じた相当額の解約返戻金が発生するものもあります。
2.【養老保険】 タイプ:貯蓄型 
                保障と貯蓄の機能を兼ね備えた保険です。
養老保険とは満期保険金があり、期間の定まった積立タイプの保険。
銀行の定期預金と似た仕組みですが、あくまでも保険ですので途中で被保険者が亡くなった場合には満期で受け取れる金額と同額の死亡保険金が支払われます。
例えば、満期で1,000万という契約をしていた場合、払込した保険料総額が300万しかない場合に亡くなってしまった時でも1,000万が支払われる仕組みです。
余談になりますが『養老保険』と言う呼び名は、満期を迎えれば『老後の生活を養う保険』と言われていたので、『養老保険』と呼びます。
3.【終身保険】 タイプ:長期貯蓄型 
                一生涯を通じて保障が継続される保険です。
『終身保険』とは、一生涯死亡保障が続く保険です。
被保険者が死亡した時にのみ保険金が支払われます。保険料の払込方法は、一生涯払い続ける「終身払」と、一定期間で満了する「有期払」とがあります。定年までに保険料の払込を終了する「有期払」にするケースが多いようです。