FULFILL OFFICIAL HOME PAGE
トップページへ 保険の考え方 保険の仕組み チェックポイント 無料相談 会社概要 お問い合わせ
3つの基本形
主契約と特約
自動更新とは
定期保険の
組み合わせ
 
主契約と特約について
生命保険証券をよく見ると、主契約と特約という言葉が書いてあり、多くの生命保険はこの主契約と特約の組み合わせでできています。
 主契約=生命保険のベースとなる部分  例:死亡保険金や満期保険金など
 特約=主契約に付加されるオプション 例:自由選択で、入院給付金など
●例えば以下の構成のように設計できます。


ポイントA. 『多くの場合、主契約の払込期間で特約は終了する。』
  終身保険は払込が終了したあとも保障が一生継続しますが、定期保険特約は多くの場合払込終了と同時に保障は終了します。
 
ポイントB. 『主契約を解約すると特約は消滅する。』
  つまり、入院保障特約だけを残すことは出来ません。逆に主契約(この場合終身保険)を残して特約だけを解約したり減額することは出来ます。
 
ポイントC. 『特約は必要性をよく考慮して付加する。』
  上記以外にも各社いろいろな特約を販売しています。特約は無料でセットになっている訳ではなく、ほとんどの場合有料の生命保険商品です。
特約は基本的に掛け捨てタイプです。支払う保険料と必要性を検討したうえで自分に必要かどうか判断しましょう。月払い1,000円の保険料でも30年払えば36万円の保険商品という事になります。