FULFILL OFFICIAL HOME PAGE
ペット保険トップページへ ペット保険って必要なの? ペットの治療費って本当に高いの? ペットの一生について考えてみましょう 資料請求 会社概要 PET お問い合わせ
ペット保険 TOP
ペット保険の必要性
ペットの治療費
ペットについて
資料請求・無料相談
会社概要
営業活動方針
当社の使命
個人情報の取扱い
採用情報
PET お問い合わせ
フルフィル TOPへ


日本アニマル倶楽部
日本アニマル倶楽部のプリズムコール

資料請求はこちら

動物病院における代表的な治療内容とその料金について、以下にご紹介します。
平均金額と最高金額の間に開きがあるのは、公正取引委員会の判断により基準料金の設定を禁じられていることが原因なのです。

内容 平均
(円)
最高
(円)
初診料 1,191 〜4,499
通常往診料
(同一市町村内の通常往診:1回)
1,896 5,000〜
診断書、文書1通(1回)の交付料 2,376 5,000〜
小型犬1頭の1日の入院料
(看護料、フード料などを含む)
2,706 10,000〜
中型犬1頭の1日の入院料
(同)
3,167 10,000〜
大型犬1頭の1日の入院料
(同)
3,906 10,000〜
特大型犬1頭の1日の入院料
(同)
4,444 10,000〜
猫1頭の1日の入院料
(同)
2,576 10,000〜
狂犬病予防注射済証明書
(注射料などは除く)
916 5,000〜
皮内・皮下注射料
(薬剤料は除く)
1,249 〜4,499
筋肉注射料
(同)
1,286 〜4,499
静脈注射料
(同)
1,792 5,000〜
動脈注射料
(同)
3,530 10,000〜
伝染病予防注射1種ワクチン
(注射済証明書料は除く)
3,917 30,000〜
伝染病予防注射2種以上の混合ワクチン
(同)
8,185 30,000〜
洗眼
(原則として1眼処置)
660 5,000〜
外耳処置
(難易度により異なるが、原則として片側処置)
1,116 5,000〜
歯石除去
(難易度により異なるが、1回の処置)
5,486 10,000〜
局所麻酔
(薬剤料は除く)
1,770 5,000〜
全身麻酔・注射麻酔
(導入麻酔を含む、薬剤料は除く)
6,422 30,000〜
全身麻酔・吸入麻酔
(60分あたり、薬剤料は除く)
9,374 30,000〜
帝王切開手術
(難易度により異なるが、1回の手術に対する平均額)
35,079 50,000〜
骨折手術
(同)
39,290 100,000〜
腫癌摘出手術
(同)
27,866 100,000〜
放射線照射
(通常1回の処置)
4,207 10,000〜
エックス線写真撮影(診断・読影料は除く、1曝射あたりの費用。
フィルム料は、使用するフィルムの標準価格を別途徴収する。
なお、造影剤を使用する場合の薬剤料および造影剤投与料は除く)
2,682 5,000〜
エックス線写真診断・読影
(同)
1,241 5,000〜
日本獣医師会が1999年に実施した「小動物診療料金の実態調査結果」から一部抜粋


このように確かにペットの診療費は高くついてしまいます。
その理由は・・・

ペットには健康保険がないからです!

もし、この診療費を減らすことができたら・・・
そんな飼い主様の願いに応えて生まれたのがペット保険です。
ペット保険は診療費を減らしてくれるだけではありません。
他にもさまざまな適用対象があるのです。
次のページではペット保険が必要な理由、適用対象についてご紹介します。

ペット保険が必要な理由

家族であるペットの健康は、飼い主様が気にかけてあげましょう。

泣き声やしぐさなどで何かしらの変化を感じることができるのが飼い主様ですが、それが痒いのか、痛いのか、どの部分かなど細部にわたっては伝わりきれません。人間同士であれば簡単に意思が伝わるところがペットは言葉で表現することができないのです。

ここで挙げる項目は基本的なものですが、確実に病気の兆候を示すものです。
このような症状を発見した場合には、すぐに病院に連れていってあげましょう。


◇ 目の症状 ◇
  • 目ヤニが多い
  • 黄色っぽいウミ状の目ヤニが出る
  • 目が充血している
  • 眼球全体が白く濁っている

過剰な目ヤニや充血が見られる場合は、結膜炎に罹患している可能性があります。また、眼球が白く濁っている場合には、白内障や角膜炎の可能性があります。


◇ 鼻の症状 ◇ 
  • 鼻先が乾いている
  • 鼻水や鼻血が出る
  • 鼻が腫れたり、ひび割れたりしている

犬猫の鼻は、睡眠中や目覚め直後は乾燥し、起床後に濡れてきます。冷たく湿っているのが健康の証拠であり、鼻が乾いているのは発熱している証拠です。伝染病の可能性もありますので、すぐに病院に連れて行きましょう。


◇ 耳の症状 ◇
  • 耳だれや黒い耳垢が出る
  • 耳が熱い
  • しきりに掻いており、悪臭がする
  • 内部が赤く腫れている

しきりに耳を掻いたり、頭を左右に振ったりするのは、痛みやかゆみが原因です。また耳が通常よりも熱い場合には、炎症を起こしている可能性があります。悪臭は、耳の中が細菌やカビに侵されている場合に見られる症状です。耳の中に毛が生えている品種は、内部がただれやすいので注意しましょう。


◇ 口の症状 ◇
  • 歯垢や歯石が溜まっている
  • よだれが多い
  • 歯肉や舌が異常に赤い(白い)
  • 口臭がひどい

健康であれば、歯肉や舌はピンク色をしています。汚れていたり、歯肉がただれて口臭がひどく、よだれの量が多い場合には、歯肉炎や歯槽膿漏のおそれがあります。
これらの病気は放っておくと胃腸や腎臓に影響が出ますので、早めに病院に連れて行きましょう。


◇ 脚の症状 ◇
  • 歩き方がおかしい
  • 脚に触れられることを嫌がる

脚を引きずるように歩くときは、まず足の裏を確認してみてください。トゲが刺さっていたり、傷付いていたりしないか、調べましょう。指の間はただれや湿疹が起こりやすい部位です。このほか、筋肉・神経・脊椎に異常がある場合にも歩き方がおかしくなります。

ペットの一生と健康について考えてみましょう ペットの一生にかかる費用ってどれくらい? ペットの健康チェックと医療費チェック! ペット保険はなぜ必要なのでしょう?
引受保険会社/少額短期保険会社日本アニマル倶楽部株式会社
〒983-0852 仙台市宮城野区榴岡3-6-22

取扱代理店/有限会社フルフィル
〒003-0807 札幌市白石区菊水7条2丁目6-20

※当代理店は、日本アニマル倶楽部株式会社の保険取扱代理店であり、当サイト上で保険契約の締結の媒介を行います。